はじめに

誰もが一度は経験のあるニキビの悩み。

もちろん、AZAMAも悩みました。(若い時代に)

特に青春真っ只中のニキビに悩む若者たちに読んでもらいたい記事です。

もっとニキビというものを知っていきましょう!

スポンサーリンク

ニキビができる原因

ニキビは男性ホルモンの影響やストレス、不規則な生活習慣によって

皮脂分泌が盛んになってできるのが原因の一つです。

皮脂分泌が増えると毛穴の角質が固くなり、皮脂がたまって

「非炎症性丘疹」←いわゆる白ニキビってやつが形成されます。

そして、白ニキビに対しアクネ菌(ニキビ菌)が感染・増殖して

炎症を起こし、腫れたり痛みを伴う

「炎症性丘疹」←これが赤ニキビになります。

このニキビ達に対し、適切な治療をしないで放置することにより

毛包の組織が破壊され、最終的にはニキビ跡(クレーター)となってしまいます。

ニキビができる場所別原因

顔にできた

頬にニキビができた場合

顔のニキビの中でも頬にできるのは、空気中のホコリやバイキンなどの

汚れが関係しているケースが多いです。

頬にニキビができると化粧で隠そうとしたり、髪の毛で隠そうしたりしがちですが

じつはこれが逆効果なっていることも多いです。(気持ちは分かりますが、、、)

口周りにニキビができた場合

口周りにできた場合は体調不良と考えられます。

疲労やストレス、風邪など引いている時によく見られます。

あと、暴飲暴食で腸内環境が悪い場合や「冷え」も原因になっていることがあります。

鼻にニキビができた場合

考えられる原因は皮脂の過剰分泌です。

無理矢理毛穴の汚れを押し出すことで刺激され

皮脂が余分に分泌されることでニキビができやすくなります。

関連記事記事はコチラ↓

身体にできた

背中にニキビができた場合

背中はもともと皮脂が多い場所なので、皮脂の過剰分泌や

洗い残しなどが原因でニキビができます。

首ニキビができた場合

首にできる原因としては汗だと言われています。

首は汗をかきやすい場所なので、こまめにシャワーを浴びるか

ふき取るだけでもだいぶ違います。

お尻にニキビができた場合

お尻にニキビができるのは血行不良などが考えられます。

下着による締め付けや、デスクワークでずっと座りっぱなしだと

お尻にできやすいです。

下着の素材を変えたり、軽い運動をすることによって

改善されるケースもあります。

 

身体に関する情報はコチラ↓

どうやって治す?

ニキビの治療はドラッグストアなどで治療薬を手軽に購入できるというのもあり

実際に病院を受診する人は10%強と言われています。

しかし、病院での治療というのは市販の治療薬よりも効果の高いものもあり

しかもニキビ跡を残すことなく治癒することも期待できます。

ニキビは再発の可能性が高いので、病院を受診することでそのリスクも抑えられます。

スポンサーリンク

まとめ

ニキビができる場所によって原因が異なるということを知ってもらえたと思います。

AZAMAもニキビで悩んでいる時期があって、やっぱり面倒で病院へ行くことはありませんでした。

市販の治療薬を塗りたぐっていた記憶があります、、、。

なので今ではニキビ跡は残っています。

そしてニキビは身体のサインだということ。

ちょっと食べ過ぎたな、疲れがたまってんのかな

ニキビができたら少し身体のことを考えてみましょう。

さらに、ニキビはしっかり治療しましょう。

AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク
ダイエットに必須成分を最大40倍に濃縮!「ザ・糖質プレミアムダイエット」

Twitterでフォローしよう

pick up記事
この記事も読まれています