はじめに

皆さんのまわりに金属アレルギーの人はいますか?

実はAZAMAが金属アレルギーの一人です。

金属アレルギーが発症したのは大人になってからです。

この記事は金属アレルギーはいつ、誰がなってもおかしくない事、

発症する原因、対処法などを自分も含めて多くの方に知ってほしいという

思いで書きました。

参考になれば幸いです。

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは金属に対してアレルギー反応が起こり

皮膚や粘膜に炎症反応が起きる病気です。

原因となる金属に触れることから「接触皮膚炎」として発症します。

また、難治性のニキビや湿疹の背景に金属アレルギーが隠れていることもあります。

症状として

原因となる金属が皮膚に触れた場合には、接触した所に赤み、ブツブツ、腫れ、痒みなどが現れます。

痒いからといってかいてしまうと皮膚損傷となり、周りにまで炎症が広がることもあります。

そういった箇所に細菌感染が合併することもあり、膿がでたり、痛みや赤みが増すなどの
症状がみられたりします。

歯科治療に使用される金属が原因となっている場合、口内炎や舌炎が生じます。

また、粘膜がただれてびらんびらんになったり、発赤を生じたり、白く厚くなったりすることがあります。

AZAMAは皮膚の場所によっては症状が出ない場合もあります。

ご参考までに。

皮膚に関する記事はコチラ↓

原因

金属アレルギーは免疫機能が原因となる金属を身体にとって有害なものとして認識することで発症します。

原因となる金属としてニッケル、クロム、コバルトなどの金属が挙げられますが、

すべての人がこの金属に反応するわけではありません。

こういった金属は日常生活において触れるものに多く含まれています

・ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリー類←AZAMAは全部ダメです。

・時計やベルトのバックル←AZAMAはこれもダメです。

・革製品

・化粧品

・クレヨン

そして原因となる金属は汗と接触することでイオン化しやすいものも多いです。

そのため、汗をかいてそのまま放置すると金属アレルギーの誘発となる可能性があります。

スポンサーリンク

病院での検査

金属アレルギーはⅣ型アレルギーと呼ばれるタイプのアレルギーを原因として発症します。

その確認のため、「パッチテスト」と呼ばれる検査をします。

治療方法

まず、可能な限り原因となる金属の接触を避けることが最重要です。

一度発症すると完全にその体質を変えるというのは難しいです。

最初に書きましたが、装飾品にはニッケルが使われていることも多いので

出来る事なら使用されている金属をよく確認して原因となる金属を避けましょう。

まとめ

AZAMA自身が金属アレルギーと自覚してからは、ほとんど金属は身に着けないようにしています。

ピアスもアレルギー反応が出にくいものを選んだり、アクリルピアスをつけたりしています。

腕時計はどうしても文字盤の裏(手首にあたるとこ)が金属のものが多いので

AZAMA流ですが、そこだけマニキュアで使うトップコートでコーティングして付けてます。

体質を完全に変えることは難しい、でもこういったアイディアで身に着けられるものもあります。

これからも前向きにこの体質と向き合っていきます。

以上AZAMAでした( ̄▽ ̄)

クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ ブログランキング・にほんブログ村へ

「クリアネオ」でモテるニオイへ

Twitterでフォローしよう

pick up記事
この記事も読まれています