気になるそばかすの原因は?予防策と治療法のお役立ち情報

はじめに

どーも、AZAMAです。

今回は「 そばかす 」についての記事です。

知らない間に勝手に出来ている そばかす 。

その原因や予防法など知ってそうで知らない事も多いのではないでしょうか。

AZAMAも周りにも そばかす に悩んでいる人は沢山います。

少しでもお役に立てればと思います。

 そばかす とは?

まず、「 そばかす 」とは何かを知っていきましょう。

そばかすとは、両側の頬を中心に点在する色素班の事です。

見た目がスズメの卵の表面似ていることから雀卵斑とも呼ばれています。

「そばかす」は幼児期に発症することが多く、思春期頃までに濃くなることが多いです。

そばかすは白人に見られることが多く、日本人の中でも色白の人にみられる傾向にあります。

遺伝子レベルの変化によって、 そばかす のできやすさが決まることもわかっていて、

MC1R遺伝子が発症に関わっていると報告されています。

 そばかす の原因

 そばかす でみられる色素班は、皮膚に存在する「メラノサイト」と呼ばれる細胞が元となっています。

この「メラノサイト」という細胞は、「メラニン」と呼ばれる色素をつくる細胞です。

髪の毛や目の色を形作ったり、紫外線などの光刺激から身体を守ったりする役割があります。

症状

鼻から頬のまわりを中心に薄茶色の小さな斑点が散在します。

5、6歳の幼児期からでき始める人も多く、年齢を重ねるごとにその色は濃くなり、数も増えていきます。

思春期以降には薄くなる人もいますが、個人差によります。

紫外線を浴びることによって刺激され、 そばかす ができやすくなります。

そのため、顔だけでなく、背中や手、胸元にも生じることがあります。

治療・予防

 そばかす には特別な検査はありません。

そばかすが生じた場合には身体の中から皮膚の新陳代謝を促し、紫外線から皮膚を保護する対策をします。

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノール、L-システインなどを多く含む食事をします。

 そばかす は紫外線を浴びることで誘発されるため、紫外線対策が重要な鍵になります。

外に出る時は日傘や帽子を着用しましょう。

日焼け止めクリームなども効果的です。←AZAMAは肌が弱いので必須アイテムです。

関連記事はこちら☟

まとめ

紫外線対策が重要なことや、食事も大事だということがわかりましたね。

AZAMAはダイエット中なので食事には気を使っています。

栄養が偏ったりすると身体は正直なのですぐに調子が悪くなります。

 そばかす がどうしても気になる人はレーザー治療によって消すまではいきませんが、薄くする事が可能です。

ただその場合は美容目的での適用になるそうなので自費での診療になります。

レーザー治療を希望する場合は美容整形の専門医にしっかりと相談しましょう。

以上AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

お得にショッピング!登録無料!monoka(モノカ)

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています