あなたはダイエットを勘違いしてませんか?危険な落とし穴を解析

ダイエットに関して勘違いや見落とし、落とし穴がある

という事をまず知ってほしい!

という事で、AZAMA自体ダイエット中という事もあり、

ダイエットするなら目を通しておいた方が良い事を

まとめてみました。

若いうちからダイエットはしない方が良い

若いうちから(10代~)ダイエットはやめたほうが良いです。

10代から過剰なダイエットをすると成長過程における十分な筋肉量を

作ることが出来なくなってしまいます。

よって、脂肪の割合が多くなり太りやすい体質になってしまいます。

しっかり食事をし、身体を動かすようにしましょう。

脂肪分0%の食品を食べ続けることは間違っている

脂肪分0%だからといって太らないわけではありません。

ちゃんとカロリーはあるので食べ続けたら太ってしまいます。

何が0%なのかを把握することが大事です。

サプリで栄養補給もあります↓

1日2食ダイエットは逆効果

3食のうち1食食べなければ痩せるのではないか?

これは間違ってます。特に朝は大事です。

食べないのではなく、量を減らし有酸素運動などを行うことが効果的です。

同じものを食べ続けてはダメ

同じ食品だけを食べ続ける、いわゆる単品ダイエット(バナナ、リンゴ、こんにゃくなど)は

栄養の偏り、または栄養が欠乏し身体に大きな負担がかかり、大変危険です。

バランスのとれた食事をとることが重要です。

ライザップなら食事の指導も受けられます↓

薬を飲んでのダイエット

特に輸入品のダイエット薬はどんな成分が入っているのか不明です。

飲むのであれば、成分が明確に記載されているものを適量使用することです。

あるいは、薬に頼らないのがベストです。

「短期間で瘦せられる」「これを飲むだけで痩せる」などの謳い文句に

気を付けましょう。

食べては吐くの繰り返しダイエット

ダイエット法と呼んでよいのかわかりませんが、この行為は

「摂食障害」(拒食症・過食症)に陥る危険性が高いです。

身体に大きな負担がかかり、最終的には自分でも気づかないうちに摂食障害に

なってしまいます。

健康に痩せるならコチラ↓

 

まとめ

間違ったダイエットをすると身体の状態が悪くなり、病気も発症しかねません。

瘦せて理想の身体を想像して地道に少しづつ目標に近づく事がダイエットと呼べるでしょう。

AZAMAは日々、想像しています。痩せたらこんな服を着たい、痩せたら体が軽いんだろうな、

モチベーション保ちながら少しづつではありますが体重は落ちてます。

これからダイエットしようと思っている方、危険なダイエットはせずに

リバウンドしにくい健康的なダイエットをしましょう!

 

ダイエットに必須成分を最大40倍に濃縮!「ザ・糖質プレミアムダイエット」

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています