腰痛・関節痛・筋肉痛など慢性的な痛みにお悩みの方へ 医薬品の康隆

痛みに悩む生活の原因

様々な医薬品を試しても痛みに効く人、効かない人、痛みを繰り返してしまう人が居るのは何故でしょうか?

それは、痛みの原因だと考えられるものが大きく分けて3つあり、

それぞれに働きかけなければ痛みは緩和されないという理由です。

単一の成分では痛みが緩和しない、一時的なものでしかありません。

「康隆」はそれぞれに働きかける成分を分析し、

痛みの原因いアプローチ出来る医薬品として誕生しました。

痛みの3大原因とは?

痛みが気になりだした、慢性的な痛みに悩んでいる方に重要なのは

「痛みの原因を知ること」です。

痛みの3大原因とは次の通りだと考えられています。

  1. 「骨」・・・軟骨のすり減り
  2. 「筋肉」・・・筋肉の損傷
  3. 「神経」・・・神経の損傷

これらをもっと細かく解説していきます。

「骨」=関節痛

炎症や外傷などによって関節部に痛みが生じることをいう。

原因としては、運動による関節の障害、加齢や運動不足による関節の変形、

肥満による過剰な関節への負担などにより、関節軟骨がすり減ることなどが考えられます。

関節軟骨に多く存在し、弾力性の保持や保水性を与える役割のコンドロイチンが重要。

さらに、末梢神経の修復を促し、関節痛の症状を緩和する

チアミンジスルフィド(ビタミンB1誘導体)も有効です。

「筋肉」=筋肉痛

運動などに伴って筋肉に痛みが生じることをいう。

原因としては、傷ついた筋繊維を修復する過程で炎症が起き、

生成された刺激物質が筋膜を刺激して起こると考えられています。

筋肉の働きを円滑にして痛みを緩和するピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)や、

シアノコバラミン(ビタミンB12)が有効です。

「神経」=神経痛

末梢神経が何らかの刺激を受けることで生じる痛みのことをいう。

原因としては、さまざまな要因によって引き起こされます。

例えば、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊椎管狭窄症などの病気によって引き起こされる

坐骨神経痛などがあります。

末梢神経の修復を促進するチアミンジスルフィド(ビタミンB1誘導体)や、

神経の働きを円滑にして痛みを緩和するピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)や、

シアノコバラミン(ビタミンB12)が有効です。

痛みの原因にアプローチする「康隆」

いくら医薬品を服用しても

単一の成分だと全ての痛みの原因にアプローチは出来ない

ということが分かったはずです。

では、なぜ「康隆」は全ての痛みの原因にアプローチ出来るのか?

それは配合成分、処方する量、飲みやすさにあったのです。

それぞれの痛みの原因にアプローチするという事をコンセプトとし、

それぞれの痛みに効くことだけを考えられた医薬品、

それが『康隆』なのです。

年齢による衰えを感じた今、何をすべきか


承認基準の最大量900mgのコンドロイチンを配合した「康隆」は1日6錠。

3度の食事ごとに飲み分ければ、身体への負担も少なく、

規則正しく摂取することで効果が実感できることでしょう。

立つ・座る・歩く・上る。年齢とともに辛くなる動作を軽快にして、

充実した毎日を過ごしましょう。

⇓購入、お試しはこちらから⇓
つらい腰やひざの痛みにのんで効く第三類医薬品【康隆】


正直なところ、年齢には勝てません。

私自身も少しずつですが感じてきています。

痛みに悩むようでしたら「康隆」をおススメします。

悩む生活はハッキリ言って苦痛です。

解決方法を見つけてみませんか?

以上AZAMAでした( ̄▽ ̄)

クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ ブログランキング・にほんブログ村へ

フロルフロラが無料でお試しできる?

 

フロルフロラはこんな人におすすめ!

・とにかくやせ菌を増やしたいお腹をスッキリさせたい

気軽に試せるサプリを探している

食事管理するのにはもうウンザリ

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています