口内炎はなぜできる!口内炎のしくみ、予防と原因

はじめに

どーも、AZAMAです。

最近、AZAMAは口内炎と日々格闘中です。

ダイエットを始めてから口内炎ができやすくなったような気がします。

同じような悩みを持っている方かたがいれば参考にしていただけるかと思います。

口内炎ができる原因と症状、予防をまとめてみました。

口内炎ができる原因

口内炎ができる原因は色々ありますが、主にストレスや栄養不足による免疫低下、

知らないうちに口の中を噛んでしまう物理的刺激、ウィルスの感染などが

考えられます。また、原因不明の場合もあります。

「アフタ性口内炎」

一般的なのが「アフタ性口内炎」と呼ばれるもので、原因はハッキリ今のところわかっていません。

ストレスや疲労、睡眠不足、栄養不足など生活面での影響が原因と考えらています。

大体10~14日程度で自然治癒し、あとが残らないのが普通ですが

なかなか治らない、範囲が広がっていく場合は他の病気の可能性もあるので

すぐに病院で診てもらいましょう。

 

「カタル性口内炎」

「カタル性口内炎」は「アフタ性口内炎」と違い、入れ歯、矯正器具が接触したり、頬の内側を

噛んでしまった時に細菌の繫殖などで起こる口内炎です。

口の中の粘膜が赤くはれたり水疱ができたりします。

唾液の量が増えて口臭がきつくなったり、口の中が熱く感じたりもします。

また、味覚も薄れてきたりもします。

「ウィルス性口内炎」

主にウイルスが原因とする口内炎です。単純ヘルペスウイルスや

梅毒・淋病・クラミジアによる口内炎が知られています。

また、カンジダ菌はもともと口の中に存在する常在菌の一つですが

免疫力低下により増殖し「カンジダ性口内炎」が発症するケースがあります。

ウイルス性口内炎は小さい水疱が口の中にたくさんできたり、

発熱や強い痛みを伴うことがあります。

口内炎の予防

まずは、生活習慣を見直す事が大事です。「口は健康のバロメーター」と言われており

食事をしたり、しゃべったりと外部と接触する機会が多いです。

なので、睡眠不足や偏った食生活による栄養不足による免疫力低下で

口内炎ができやすくなります←AZAMAはこれです。

特にビタミンB2・B6・Cが皮膚や粘膜の健康維持につながる栄養素と言われています。

緑黄色野菜をたくさん取り入れるなど、バランスの良い食事を心がけましょう。

食事に関する記事はコチラ↓

まとめ

ダイエット中は栄養不足になりがちなので注意したいところですね。

AZAMAは思いっきり偏った食生活なので、改善していきたいです。

あと、睡眠不足は口内炎だけではなく色々なところに支障をきたす可能性が

あるので十分に気を付けたい項目でもありますね。

この記事を読んだことをきっかけに、生活習慣、食生活を今一度

見直して毎日の健康を目指していきましょう。

以上AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

 

ダイエットに必須成分を最大40倍に濃縮!「ザ・糖質プレミアムダイエット」

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています