スポンサーリンク

首すじや顏、ありとあらゆる所にできる「イボ」。

自分で取ろうと思ってハサミを準備、、、待ってください!間違ってます!

痛い思いをせずにもっと簡単にイボを取る方法があります!

もちろん、手術ではありません。

それは、イボを取るためのペン型ジェル「イポセラ」です!

\それってどんなやつ?気になるあなたは一足早く/

こんなところにイボが、、、いぼができる原因は?

知らない間にイボができてる、、、

首すじ、目元、デコルテ、気になりますよね。

なんでできるの?いつできた?

イボができてしまう原因は主に3つあげられます。

 

  1. 古くなった角質が固まってできた
  2. 加齢による肌代謝の乱れでできた
  3. 紫外線や摩擦による刺激でできた

 

まずは原因を知ることが大切です!

これ以上イボを増やさないように対策を練りましょう。

古くなった角質が固まってできた

肌のザラザラは小さいイボがたくさんある証拠なんです。これは肌の角質が古くなって固まってできたもの。特にできやすいと言われる「首すじ」「胸元」そして「目元」「脇の下」に共通しているのが「皮膚が薄い場所」なんです。

加齢による肌代謝の乱れによってできた

私たちの肌はありがたいことに「ターンオーバー」というものが行われています。いわゆる肌の代謝を周期的に行っていることです。若いうちは良いのですが、やはり年齢を重ねるごとにこの代謝周期が悪くなると言われています。よって、「老化角質」「肌の汚れ」が蓄積されてしまいます。なんか変に納得してしまいますよね、、、

紫外線や摩擦による刺激でできた

紫外線は気にしている人が多いですが、実はネックレスなどのアクセサリーも原因の一つなんです。アクセサリーによる「擦れ」や「こすれ」で肌にダメージを与えている可能性があります。

イボができたらどうするの?放置?手術?

イボができてしまったらまず考えることは無くす方法ですよね。女性は特に。

「すぐに消えるだろう」「ちょっと様子を見よう」

と放置される方もいると思います。

たしかにイボによっては数か月で消えるものもあります。

ただ、その放置期間で掻いてしまって内容物がまわりに付着し、イボが増える可能性もあります。

そもそも放置していると同時に肌年齢も老化も進み、結果的にイボが増える場合もあります。

じゃあ、手術をするのか?

手術も1つの手段ですが、気になるのは費用。

大抵の場合、美容皮膚科あるいは皮膚科で行います。

 

  • 液体窒素による除去
  • 電気メスによる除去

 

この2つの方法でイボを除去する事が出来ます。

一応手術なのでちょっと恐い気がしますが、、、

イボを液体窒素か電気メスで除去する場合

液体窒素によるイボの除去と電気メスによるイボの除去ですが、

液体窒素は皮膚を凍結させ、皮膚細胞を破壊する治療法です。破壊後、そのうちイボは剝がれ落ちてきます。

電気メスは電気レーザーでイボを焼き切る治療法です。切っているので術後ケアがあります。

当たり前ですがそれぞれメリット、デメリットがあります。

液体窒素のメリット

  • 保険が適用されます。
  • 費用はイボの数にもよりますが大体12,000円前後 (※保険3割負担の場合)
  • 術後のケアは特にないということで比較的楽な治療法ですね。

液体窒素のデメリット

  • 個人差はありますが痛みが伴う場合があります。
  • 再発の可能性がある。
  • 問題のない場合でも1ヵ月後くらいから黒いシミのようなものがあらわれる場合がある。

電気メスのメリット

  • 保険が適用されます。
  • 費用は液体窒素と同じでイボの数にもよりますが大体12,000円前後 (※保険3割負担の場合)

電気メスのデメリット

  • 術後ケアが必須。通院が必要。
  • 傷跡が残る場合がある。時にはケロイドになる可能性も。
  • 時間がかかる。
  • 何度もカウンセリングが必要。

イボを「イポセラ」で取る場合

ではイポセラでイボを取る場合は?

イポセラはペン型のジェルです。

使いかたは

イポセラの後ろ部分に付いてるダイヤルをカチカチ2~3回右に回します。

ジェルを適量出します(イボが隠れる程度)

洗顔後や入浴後など清潔な状態でイボに添付し、なじませます。

これだけでイボが取れるんだったらいいですよね。

イポセラも手術と同じようにメリット、デメリットがあります。

イポセラのメリット

  • 手術と比較して安上がり⇒1本4,200円 1本で150回添付で計算すると1回なんと28円
  • 塗るだけなので痛みの心配がない。
  • 肌を傷つけないので痕も残る心配もない。
  • 美容成分も配合されており同時に美肌ケアもできる。

イポセラのデメリット

  • 継続しないと効果に期待できない。
  • 他化粧品と併用するには注意が必要。 ※1

 

※1 公式ページでは併用OKと記載されていますが、過度な肌ケアは逆に肌への負担になる可能性があります。

継続する事が大事ですね。塗ってすぐ効果が出るというものはこの世には存在しないと思ってます。

「イポセラ」は塗るだけなので継続しやすい商品だと思います。

イポセラはどこで売ってるの?楽天?Yahoo?ドラッグストア?

「イポセラ」はどこで購入が出来るんでしょう?

それぞれで検索をしてみました。

イポセラは楽天で売っているのか?

日本最大級のネットショッピングサイト楽天では取り扱いが無いようです。

 

イポセラはYahooショッピングで売っているのか?

Yahooショッピングではヒットしました。

しかし、16件で最安値が5,298円と公式サイトよりも1,000円以上も高い結果でした。

 

イポセラはドラッグストア(マツキヨ)で売ってる?

マツキヨオンラインでも「イポセラ」は取り扱いが無いようでした。

 

イポセラは公式サイトで購入するのがおすすめ!

「イポセラ」はYahooショッピングで取り扱っていましたが公式サイトと比べて1,000円以上も高いという結果でした。

公式サイトでの「イポセラ」の価格は4,200円(税・送料別)ですが、なんと今なら2本セットで送料が無料となります!

しかも月曜~金曜日の14時までに決済で即日出荷が可能となっています!※祝日・長期休暇は除きます

継続して「イポセラ」を使用していくなら2本以上の購入が断然お得です!

\平日に限り14時までの決済で即日出荷が可能/

スポンサーリンク
悩みがポロっと消えた!?イボには「イポセラ」

  • 嫌なイボを消滅させたい方
  • 忙しくて病院に行く暇がない方
  • イボは消したい、でも手術が嫌な方
  • 本気でイボを消したいあなた

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています