認知症と物忘れは違います!認知症の症状と原因

はじめに

認知症はいまや誰でも知っている病気の一つだと思います。

家族に認知症の方がいる以外は認知症という言葉は聞いたことがあっても

深くは知らない人が大半です。認知症をもっと知って認知症の家族を持つ方々や

認知症の方の接し方、気持ちなどを理解して欲しいという思いで記事にしてみました。

もちろんAZAMAは医者でもなんでもないので完璧ではないのですが、少しでも

プラスになっていただけたらと思います。

認知症とは?

物忘れや認知機能の低下が起こり、日常生活に支障をきたしている状態のことです。

脳の神経細胞が障害を受けて死滅し減少していくことで物忘れや認知機能の低下が起こります。

行動の変化

  • 時間や場所の感覚がわからなくなる。
  • 考え事に時間がかかるようになる。
  • 一度に複数のことをこなせなくなる。

など

精神面の変化

  • 無気力になる。
  • うつ状態が続く
  • 大声を出す。
  • 怒りっぽくなる。
  • 暴力をふるう。
  • 妄想を抱くようになる。

など

認知症は早期発見が重要視されている病気です。このような症状を少しでも頭に入れておき、

周りにいる人間が気づいてあげることで早期発見につながります。

早い段階で治療を開始できれば病気の進行をある程度遅らせることが可能となってきます。

認知症の原因

脳神経細胞が減少する原因として大きく二つに分けられます。

  • 変性性認知症:脳の神経細胞が変化することによって発症する認知症です。アルツハイマー型、レビー小体型、認知症を伴うパーキンソン病、前頭側頭型などが含まれます。
  • 二次性認知症:なんらかの外傷や病気を原因として発症する認知症です。脳血管性、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍などが含まれます。

アルツハイマー型認知症の原因

アルツハイマー型認知症は認知症の原因として最も多い病気とされています。

原因は脳にアミロイドβとタウというタンパク質が異常蓄積すること、アセチルコリンが

減少することと言われています。。異常タンパク質が脳内に蓄積することによって

神経細胞が死滅し、減少していきます。

レビー小体型認知症の原因

レビー小体型認知症は認知症の原因の約二割を占める割合とされています。

神経細胞の中にできる小さな塊「レビー小体」が脳に異常蓄積することで発症します。

脳血管性認知症の原因

脳血管障害が原因となり、発症します。

脳血管障害とは、脳梗塞や長時間の脳の血液循環不全、脳出血などです。

認知症の症状

主に中核症状と行動・心理症状(周辺症状)の二種類に分けられます。

中核症状

脳内の神経細胞が障害されたことで生じる症状のことで、認知機能の低下した方であれば

誰にでも生じます。代表例としては

  • 記憶障害:新しい事を覚えられない
  • 見当識障害:時間や場所、人の顔がわからない
  • 判断力障害:倫理的思考ができなくなる
  • 実行機能障害:順序通り物事を進めることができない

行動・心理症状(周辺症状)

中核症状の進行状態や性格、身体症状や生活環境によって左右されます。いわゆる個人差です。

代表的な症状例は

  • 妄想
  • 失禁
  • 不潔行為
  • 幻覚
  • 異食
  • 不安
  • 睡眠障害
  • 抑うつ
  • 介護抵抗

などです。

認知症と物忘れの違い
物忘れはきっかけがあれば思い出せるのに対し、認知症はきっかけがあっても
思い出せないという違いがあります。
例えば食事の例で

  • 物忘れ:何を食べたか思い出せない
  • 認知症:食事をした事自体を思い出せない

認知症と物忘れは混合されがちですがこのような違いがあります。

認知症の検査

認知症の検査は次のような方法があります。

  • 記憶や言語のテスト
  • 血液検査
  • 脳画像検査(CT、MRI)
  • 脳血流SPECT検査
  • ドパミントランスポーターシンチグラフィー
  • MIBG心筋シンチグラフィー検査

など

認知症の治療

認知症の治療には薬物療法とその他の治療法があります。

薬物療法

飲み薬と貼り薬があります。使用される薬は認知症の種類、

重症度によって異なってきます。

薬物療法以外の介入

認知症の治療では、薬物療法以外の介入も必要となってきます。

周囲が患者さんの気持ちを理解しながらサポートしていく体制が大切だと思います。

まとめ

認知症は誰でも起こりうる病気です。若年性認知症という観点からも

若いからといって度外視することはできません。

認知症という病気を少しでも知って早期発見やサポートできるようになればと思います。

介護も大変ですが、一番つらいのは認知症の方本人です。

認知症の方の気持ちを理解しようとする心が一番の治療薬になるのでは

ないでしょうか。

以上AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

「モバイル保険」ならiPhone、Google pixelの修理費も全額補償!

 

あなたの大切なスマートフォンを守りましょう。

もし、万が一、何かあってからでは遅いんです。

「モバイル保険」で安心を手に入れませんか?

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています