PayPay(ペイペイ)のフリマアプリ開始!あのフリマアプリと何が違う?

PayPay(ペイペイ)のフリマアプリ「PayPayフリマ」がiOS向けということで10月7日に開始されましたが、

あの有名なフリマアプリとは正直何が違うんだろう?と思っちゃいました。

ということで早速インストールして使ってみました!

あのフリマアプリと比較して紹介していきたいと思います!

PayPay(ペイペイ)フリマってどんなアプリ?

引用元:PayPayフリマ

PayPay(ペイペイ)フリマアプリとはYahoo!IDで登録が簡単に出来て、しかもヤフオクの評価をそのまま引き継げる個人間で商品を売買できるアプリになっており、簡単に商品を出品、購入が出来ます。

あのTVCMでも見慣れたフリマアプリと大体同じと思ってもらえばわかりやすいかと思います。

引用元:PayPayフリマ

ただ、お馴染みのフリマアプリは出品時に送料を出品者負担、または購入者負担の二通り選択出来たのですが、PayPay(ペイペイ)フリマでは、全品送料無料で商品が購入できるという特徴があります。

これをメリットと捉えるか、デメリットと捉えるか、賛否両論ですよね。

購入が多いユーザーはラッキー!だし、出品者としては絶対的に送料の事を考えなければならない、このことから良いのか悪いのかというところはあります。

ここからは購入者からと出品者からと分けて説明していきます。

まずは購入者から説明させていただきますね!

PayPay(ペイペイ)フリマは送料無料で購入可能!

引用元:PayPayフリマ

送料無料で商品を購入できる、これは購入者としては嬉しいですよね。お馴染みのフリマアプリでは送料が高くつきそうな商品の送料は購入者負担が多いですもんね。

その点、PayPay(ペイペイ)フリマは全品、送料は出品者負担となり、購入者は支払額がわかりやすくなっています。

商品が豊富ということですが、10/7に始まったばかり、体感的にはお馴染みのフリマアプリの方がまだ商品数は多いように感じました。※個人の感想です、実際に数えてはいません。

PayPay(ペイペイ)で支払うとお得!

引用元:PayPayフリマ

PayPay(ペイペイ)フリマで購入したい商品があった場合、PayPay(ペイペイ)で支払うと支払い金額1%が還元されます。

1%でも還元されるとなるとお得感が違いますね!送料を取られるよりは断然お得だと思います。

そして、フリマアプリならではの価格交渉もあります。

PayPay(ペイペイ)フリマで価格の相談をして安く購入しよう!

引用元:PayPayフリマ

PayPay(ペイペイ)フリマでは価格の相談という機能があります。

お馴染みのフリマアプリではコメントで価格交渉を行い、出品者が応じると価格の編集をし、それを見てが購入するといった流れですが、PayPay(ペイペイ)フリマはちょっと違うんです。

引用元:PayPayフリマ

まず商品の価格の右にある「価格の相談」をタップします。すると下の画像のように価格を提示する欄が出てきます。

引用元:PayPayフリマ

画像をよく見ると2800円~3499円と範囲が決まっているのがわかりますよね?

これは商品の価格の80%以下には値引きできないということになっております。お馴染みのフリマアプリでは無茶苦茶な値引き交渉がありますよね。絶対無理だろ!ってくらいの。

PayPay(ペイペイ)フリマは出品者の事も考慮したアプリとも言えるでしょう。その代わり、送料は100%出品者負担ですよといったところでしょうか。

では次に出品者からの視点で説明していきますね!

PayPay(ペイペイ)フリマでらくらく出品体験

引用元:PayPayフリマ

出品自体はお馴染みのフリマアプリとほぼ同様のやり方でした。本当によく似ています。

まずは出品したい商品の写真を撮ります。写真は多ければ多いほど良いと思います。正面、後ろ側、タグ、あれば問題箇所(擦れ、キズ、破れなど)はっきり映して出品しましょう。後でめんどくさい事になりかねませんから。

商品のタイトル、説明はできるだけ詳しく書きます。PayPay(ペイペイ)フリマならではの機能ですが、任意で着用(使用)回数を表示できます。

お馴染みのフリマアプリではコメント欄に必ずと言って良いほど質問がありますよね。「何回くらい使用しましたか?」この手間を省けるので個人的には良い機能だと思います。

購入者からの価格の相談も応じる、応じないは任意となります。購入者からの価格に応じるのであれば24時間以内に同意のボタンを押すだけ、応じないのであればそのままスルーすればいいだけ。

コメントのやり取りが無い分、スムーズに取引ができますね。この機能も気に入ってます。

配送方法もシンプルな二択

引用元:PayPayフリマ

今現在(2019.10)は送料全額負担キャンペーン中なので上のような写真になっています。

まあ、シンプルです。配送方法もこうシンプルだとあまり考えなくても良いので楽ですね。

PayPay(ペイペイ)フリマの売上金はどうなる?

PayPay(ペイペイ)フリマでの売上金の計算ですが、

商品の価格-販売手数料10%-送料=売上金

となります。なので商品の価格を仮に3,500円として、宅急便コンパクトで配送した場合、

3,500円-350円(10%)-380円=2,770円が売上金となります。

ヤフオクになれている方は販売手数料10%は痛いところですよね。フリマアプリの決まりみたいなものですよね。因みにお馴染みのフリマアプリも販売手数料は10%です。

引用元:PayPayフリマ

この売上金は、PayPay(ペイペイ)にチャージするか、現金にて銀行に振り込むか選択できます。

銀行振り込みの場合は手数料が100円かかりますので101円から振り込み申請が可能となります。ジャパンネット銀行に限っては振込手数料がかかりません。1円から振り込み申請が可能なので受け取り口座はジャパンネット銀行にしておいた方が良いですね!

ジャパンネット銀行の口座をお持ちでない方はこちらから無料でポイントも貰えてお得に開設出来ますよ↓

モッピー!お金がたまるポイントサイト

今ならPayPay(ペイペイ)フリマアプリが全額送料負担!

引用元:PayPayフリマ

期間限定となりますが、出品者に嬉しい「送料無料キャンペーン」が実施中です。

これは出品者の送料をPayPay(ペイペイ)フリマが負担しますよ、ただし期間限定でね!というキャンペーンです。

お馴染みのフリマアプリで送料が高くつくなぁ、と思っている商品をPayPay(ペイペイ)フリマで出品なんてのもアリですね!

存分に利用しましょう!

注意点としては2つあります。

まず一つ、「Yahoo! JAPAN ID」とPayPay(ペイペイ)を連携してる方のPayPay(ペイペイ)フリマで出品した商品が対象となります。

二つ目、期間が11月30日となっていますが「送料負担額が一定の金額に達した場合、本キャンペーンは途中終了」との事。終了しますよ~というのはアプリ内でアナウンスがあります。

狙うなら早い方がいいですね。

PayPay(ペイペイ)フリマで500円OFFクーポンをGET!

引用元:PayPayフリマ

初回限定で1,000円以上の全商品が対象となる「500円クーポン」をGET出来ます。これはホントにお得なので絶対手に入れておきたいところ。

対象期間が10月28日までなのでまだの方はとりあえずクーポンをGETしておきましょう!

まとめ

個人的な視点ではありますが、PayPay(ペイペイ)フリマアプリを説明させていただきました。

購入者に嬉しい機能も出品者の手間を省く機能もあり、使いやすい!というのが今のところの感想です。

お馴染みのフリマアプリには無い機能や、キャンペーンだったり、今後に期待できるアプリなのでないでしょうか。

ヤフオクとの連携で商品が売れやすくなるような印象も持ちました。

要は使いようですね!

 

 

フロルフロラが無料でお試しできる?

 

フロルフロラはこんな人におすすめ!

・とにかくやせ菌を増やしたいお腹をスッキリさせたい

気軽に試せるサプリを探している

食事管理するのにはもうウンザリ

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています