はじめに

どーも、AZAMAです。

肌の悩みは男女比がほぼ無い時代へと変化してきました。

今では男性も肌ケアは当たり前です。

今回は男女関係なく気になる『二の腕のブツブツ』について調べました。

果たしてこの『ブツブツ』の正体とは?

『原因』『対処法』は何なのか?

それでは見ていきましょう。

二の腕のブツブツ…正体はこれ!

この『ブツブツ』に悩んでいる人はかなり多いと思われます。

正体は【毛孔性苔癬】(もうこうせいたいせん)と呼ばれるものです。

これは、二の腕だけではなく肩・背中・太ももにまで見られる場合もあります。

皮膚と同じ肌色のものもあれば、赤みを帯びていたり、茶褐色だったりします。

自覚症状はありません、ただ痒みが生じる場合があり、それで気づく人もいます。

女性に多いものなのか?!

そんなことはなく、毛孔性苔癬は男女関係なしに多くの人に起こりうるものです。

早い人だと小学校高学年あたりからみられると言われています。

一番多いとされているのが思春期です。

20代以降は年齢と共に次第に減っていき、

30代になると自然に消えていくと言われています。

ですが、消えなくて悩んでいる人はたくさんいます。

ブツブツになる原因は?

人間の肌は28日周期で生まれ変わります。

古くなった角質が剝がれ落ち、新しい肌が生まれます。

これを『ターンオーバー』と言います。

しかし、多感な時期のストレスや、紫外線によるダメージ、ホルモンバランス、加齢

などによって『ターンオーバー』に異常をきたし

古くなった角質が落ちず、蓄積して厚みができて盛り上がることで

「ブツブツ」「ザラザラ」な皮膚が出来上がってしまいます。

ニキビとは違うので注意!

ニキビは細菌が繫殖して炎症を起こしたものです。

毛孔性苔癬はあくまでも古くなった角質が原因なのです。

では対処法は?

対処法はとしては以下のことが良いとされています。

  • 過度な刺激を与えない
  • 紫外線対策を徹底する
  • 保湿を徹底する
  • エステや医療機関で角質ケアをする

過度な刺激は禁物

この「ブツブツ」「ザラザラ」擦って取れるわけではありません!

刺激を与えればそれが餌となり、ひどくなる一方です!

絶対にやめましょう。

紫外線対策

紫外線は毛孔性苔癬に悪影響を及ぼすだけではなく、

シミ・ニキビ・そばかすの原因となる可能性があります。

日焼け止めや日傘など、紫外線をあてないように工夫しましょう。

保湿は徹底的に

毛孔性苔癬は刺激、紫外線同様、「乾燥」によっても悪影響を受けます。

「ブツブツ」「ザラザラ」な部分はただでさえ服の摩擦などで少なくても刺激を受けているので

『保湿』を徹底的にすることで悪化を防ぐ効果があります。

入浴後などにローションやクリームで『保湿』をしましょう。

エステや医療機関へ相談

エステや医療機関にいくことで、専門的なアドバイスや

ピンポイントで正しい効果的な角質ケアを受けることができます。

通うことですぐに効果を実感できることでしょう。おススメです。

 

まとめ

毎日の肌ケアは大事です。

古い角質は「ピーリング」というケアが有効です。

特に気になる人はエステや医療機関に相談して、適切なケアを受けましょう。

根気よく続ければ『ブツブツ』が『すべすべ』に変わるでしょう!

自慢できる肌に向かって努力です!

以上AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

痩せられない全ての人達へ『ライザップ』ならコミットできる!

  • 理想の体になれたNO.1
  • 無理なく痩せることができるNO.1
  • トレーナーへの満足度NO.1
  • リバウンドしにくい体になれたNO.1

無料カウンセリング実施中!!

Twitterでフォローしよう

pick up記事
この記事も読まれています