虐待 をもっと知ろう!虐待としつけ、境界線はどこ?子育ての悩み

はじめに

どーも、AZAMAです。

『 虐待 』は世界的な問題でありとあらゆるところで起きています。

この記事では代表的な『こども 虐待 』というものを知り、

知ったうえで 虐待 としつけの境界線はどこからなのか?

という問題を考えていきたいと思います。

四種類のこども 虐待

虐待には四種類の「こども虐待」があります。

それぞれ単独で発生することもありますが、大抵の場合繋がりがあると言えます。

まずは一つ一つ見ていきましょう。

【身体的虐待】

身体的虐待は保護者が子供に、殴る、蹴る、水風呂や熱湯の風呂に沈める、

カッターなど刃物で切る、アイロンを押し付ける、首を絞める、やけどをさせる、

ベランダに逆さまに吊る、異物を飲み込ませる、冬など寒い時期に家の外に閉め出す、

などの『暴行』をすることを指します。

それにより子供は打撲、骨折、頭部の怪我、火傷、切り傷などを負います。

場合によっては死に至ることもあります。

身体的虐待は、比較的周囲から分かりやすいのですが中には

洋服で隠れるところだけに暴行を加えるなどの悪質なタイプもいます。

着替えや診察の資格を有する方は少しでも様子がおかしいと感じたときには

目で確認できる所にケガがなくても、洋服で隠れているケガがあるかもしれません。

【性的虐待】

性的虐待には、子供への性交や、性的な行為の強要、子供に性器や性交を見せる、

などがあげられます。

性的虐待は、本人が告白するか、家族が気付かないとなかなかはっきりとは現れません。

実父や義父などから「お母さんに話したら殺すぞ!」

などと口止めさせられているケースがほとんどです。

そして恐ろしいことに、虐待開始年齢が早いと子供は性的虐待だと理解できないこともあります。

例として、実父や義父からをあげましたが、実母や義母などからの性的虐待も起こります。

「乳幼児からの性的虐待なんてあるの?」

と普通は思ってしまうのですが、実際に乳幼児期からの性的虐待は起こっています。

【心理的虐待】

心理的虐待は、大声や脅しなどで恐怖に陥れる、無視や拒否的な態度をとり続ける、

あからさまな兄弟間差別、自尊心を傷つける言葉を繰り返し使って傷つける、

子供がD.V(ドメスティックバイオレンス)を目撃する、などを指します。

子供の心を死なせてしまう、あるいは心を閉ざさせてしまうような虐待の事で、

分かりやすく言うと、強い『トラウマ』を植え付けさせてしまうことです。

【ネグレクト】

ネグレクトは、保護者としての保護の怠慢、育児の放棄・拒否などと言われています。

保護者が子供を家に残して外出する、食事を与えない、衣服を着替えさせない、

登校禁止にして家の中に閉じ込める、などを指します。

また、育児知識が不足していてミルクの量が不適切だったり、

有名な事例としてパチンコに熱中して子供を車内に放置するなども含まれます。

特徴としては、乳幼児や年齢の低い子供に起こりやすく死に至るケースもあります。

【虐待としつけの違い】

では虐待としつけの違いについて考えていきましょう。

いちおう、虐待の定義としつけの定義が存在します。

虐待の定義:大人が自分の感情にまかせて子供をコントロールしようとすること

しつけの定義:大人が子供に、自分で自分の感情や行動をコントロールできるように落ち着いて教えること

『大人⇒子供』というのはどちらも同じです。

違うのは『すること』です。

もっと言うと『感情のコントロール』を『大人』がするか『子供』がするかの違いです。

ということは、大人が感情のコントロールを子供に教える=しつけ

虐待をする大人は感情のコントロールが出来ていないため、虐待をする。

つまり虐待をする大人はしつけを受けていない可能性があります。

子供の頃、近所の人とかに????られた経験はありますか?

AZAMAはあります。ですが、近年ではあまりありませんね。

防犯という事もあるのでしょうが、近年虐待が増えてきているのは

しつけを十分に受けていない大人達が増えているからでは?と思います。

まとめ

あくまでもAZAMAの個人的な意見でした。

もちろん、『しつけ』というのはその家によって違うものであり、

また、『虐待』との線引きも違って当たり前だと思います。

ただ、昔と違い人とのコミュニケーションが減ってきていることは確かです。

このことが直接『虐待』の原因とは言えませんが、

何らかの形で影響しているのではないかと思います。

隣近所の人達は家族同然で、一緒に泣いたり、笑ったり

「これを言ったら悲しむだろうな」「これを言ったら怒るかもしれない」

コミュニケーションで得られる『人の心』はかけがえのないものだと思っています。

コミュニケーションで人は変われます。

それによって『虐待』や『いじめ』、『自殺』などない世の中になったら、、、

なんてことを思っています。

以上、AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

お得にショッピング!登録無料!monoka(モノカ)

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています