乳酸菌 ってなんだ? 乳酸菌 の効果と重要性を知る

はじめに

どーも、AZAMAです( ̄▽ ̄)

『 乳酸菌 』と聞くと「大腸」「小腸」などの「腸」と結びつくと思います。

そこで今回は『第二の脳』と呼ばれる『腸』にとって『乳酸菌』

どれほど重要なのかを調べてみました。

健康を維持することは『ダイエット』にもつながると思います。

『 乳酸菌 』とは?

乳酸菌とは、炭水化物などの糖を消費して乳酸を作る細菌の総称です。

腸内に住む細菌のバランスを整えることにより、健康に役立ちます。

乳酸菌の種類というのは多種多様で、腸内を酸性側に傾け、腸内の腐敗を抑えたり

腸の蠕動運動を助けて便秘を改善する効果があります。

さらに、免疫機能の向上や、中性脂肪・血中コレステロール値の低下といった

働きもあります。

『腸内環境』

人間の腸に住む腸内細菌の数は数え切れないほどで、1000種1000兆個以上と言われています。

その中には良い影響を与える『善玉菌』や有害な『悪玉菌』がいて、

それらのバランスのことを『腸内環境』と呼びます。

健康な腸内というのは善玉菌』が『悪玉菌』の増殖を抑えています。

このように『善玉菌』が勝っていると「良い腸内環境」と言えます。

逆に、『悪玉菌』が増えて「腸内環境」が乱れると下痢や便秘を起こすことになります。

『善玉菌』『悪玉菌』のバランスはストレスや食事、加齢などでも変化するため、

乳酸菌』を摂って『善玉菌』が優勢な「腸内環境」に整えることが大切です!

腸内環境を乱す要因

腸内環境を乱す要因としては下記の4つが挙げられます。

  1. ストレス:脳と神経は密接な関係にあるため、ストレスによって下痢や便秘など起こしやすくなる。
  2. 食事:肉類中心の食生活になると脂質やタンパク質を好む『悪玉菌』が増える。
  3. 薬:抗生物質は病原菌だけでなく、『善玉菌』まで排除してしまう可能性がある。
  4. 加齢:60歳を過ぎると『善玉菌』が減り、『悪玉菌』が増える。

『善玉菌』と『悪玉菌』

『善玉菌』の代表と言えるのがビフィズス菌」「フェーカリス菌」「アシドフィルス菌」

など、いろんな種類があります。

悪玉菌』の増殖・定着を防いで感染予防をしたり、有害な物質を体外へ排出する

手助けをしています。

一方、身体に害を与える『悪玉菌』はウェルシュ菌」「病原性大腸菌」「黄色ブドウ球菌」

などが挙げられます。

腐敗物質の産生や老化と深く関わっているとも言われています。

『善玉菌』を優勢にするためには、『乳酸菌』を補給することです!

まとめ

『乳酸菌』は私たち人間のとってとても重要だということがわかりました( ̄▽ ̄)

『善玉菌』を応援することで便秘が解消され『ダイエット』にも

つながるという事ですね!

この記事を気に入っていただけたらいいね!をお願いします( ̄▽ ̄)

アドバイスなど、コメント待ってますm(_ _)m

以上、AZAMAでした( ̄▽ ̄)
クリックでAZAMAのモチベーションUP(*´з`)ポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

モデルが愛用するのには秘密がある!

公式ホームページ限定!!
  1. 初回特別価格なんと10円!?
  2. 2回目以降も破格の56%OFF!!
  3. 初回購入が送料無料!!
  4. 決済手数料だって無料!!
  5. お届けペースも自由自在!

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています