子宮頸がん の恐ろしさ『HPV』とは?子宮頸がんの原因と検診の大切さ

はじめに

どーも、AZAMAです( ̄▽ ̄)

今回の記事は『 子宮頸がん 』についてです。

近年では20~30代の女性に『 子宮頸がん 』が増えています。

では『 子宮頸がん 』の原因や症状とはどういったものなのか?

そして予防や早期発見のカギを調べてみました。

 子宮頸がん の原因『HPV』

子宮頸がん はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が

原因で起こります。

このHPVはとてもありふれたウイルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上

50歳までに感染を経験すると言われています。

特に若い年代(20~30代)の感染率は非常に高いと言われています。

HPVには『高リスク型』と『低リスク型』があり、

150種類以上の型がある中で15種類程度が『高リスク型』です。

子宮頸がん の原因となるHPVの代表は16型と18型

 子宮頸がん の原因の約65%を占めているものになります。

20~30代で発見されるHPVの8~9割は16型と18型です。

 子宮頸がん の症状

『高リスク型』のHPVに長期間感染すると、がんに進行する可能性がある

異常な細胞が増えていきます。この状態を『異形成』といいます。

この『異形成』にも程度があり、軽度の場合は自然に治ることが多いのですが

異常な細胞が増えた高度の『異形成』では 子宮頸がん に進行する可能性が

高くなります。

子宮頸がん は、がんがある程度進行するまで症状が現れないこともあり

早期発見が難しいと言われています。

子宮頸がん の検診は定期的に受診することをおすすめします。

⇓最近では自宅でもリスク検査ができるようです⇓


子宮頸がん が進行してから現れる症状

初期症状がほとんどないことが子宮頸がんの恐ろしいところです。

気づいたときには既に進行していたというケースも少なくありません。

定期的に病院、または自宅での検診をしましょう。

ある程度進行してから現れる症状は以下の通りです。

  • 性交渉の時に出血する
  • 生理に関係ない出血がある
  • 茶色のおりものが増える、悪臭を伴う
  • 下腹部や腰が痛む

これらの症状がある場合は、がんが進行している可能性があるので

すぐに病院へ行きましょう。

子宮頸がん の治療

子宮頸がんは、がんになる前や早期発見で子宮の摘出手術をせずに

子宮を残すこともできます

子宮頸がんを発症した場合、上皮内がんの段階で見つかれば

円錐切除術という子宮頸部の一部を切除する手術で治療することで

子宮を温存でき、その後の妊娠が可能です。

しかし、妊娠するまでの期間が長くなる可能性や、早産や低出生体重の

可能性が高くなるなどの報告もあります。

がん細胞が基底膜をこうて広く浸潤している場合は子宮摘出手術を行うか

放射線治療を行います。

手術の場合は子宮を周囲の組織と一緒に切除し、

骨盤の中のリンパ節の摘出も必要となります。

 子宮頸がん の治療による影響や後遺症

子宮頸がん やその前がん病変の治療により、様々な後遺症を生じることがあり

学業、仕事、恋愛、結婚、出産、育児など、女性の人生に大きな影響を与えます。

  • 妊娠・出産への影響
  • 再発の心配
  • 妊孕性の喪失
  • 夫婦生活の悩み
  • 排尿・排便障害や腸閉塞
  • 卵巣欠落症候群
  • 骨粗鬆症リスクの増加
  • リンパ浮腫
  • 転移・再発の可能性

この他にも「直腸膣ろう」「膀胱膣ろう」など生じる場合もあります。

まとめ

予防策としてはやはり定期的な検診が大切です。

子育てやお仕事にお忙しく検査が受けられていない方、

検査に抵抗がある方は、ご自宅で検査ができますので

利用されてみてはいかがでしょうか。


以上、AZAMAでした( ̄▽ ̄)!

応援よろしくお願いします('◇')ゞポチツ  ブログランキング・にほんブログ村へ

フロルフロラが無料でお試しできる?

 

フロルフロラはこんな人におすすめ!

・とにかくやせ菌を増やしたいお腹をスッキリさせたい

気軽に試せるサプリを探している

食事管理するのにはもうウンザリ

Twitterでフォローしよう

今月のピックアップ
この記事も読まれています